エンメより新たにデビューするカジュアルウェアブランド「SYNE TOKYO」<シン トウキョウ>。
ファーストコレクションはフリーランスPR としても活躍する翁安芸(おうあき)さんとコラボレートした新感覚スウェットです。
フーディ、リブ裾パンツ、クルーネックはどれも着心地がよくシルエットにこだわった自信作に。“上品なのにリラックスできる” を信念のもと、デザインしたアイテムへのこだわり、想いを翁安芸さんに聞いてみました。

“大人のためのスウェットウエアが誕生しました”

ラフになりすぎない、キレイめなスウェット

新たにデビューするカジュアルウェアブランド
「SYNE TOKYO」<シン トウキョウ>。
ファーストコレクションの創作秘話をここでご紹介いたします。
まずは翁安芸さんに今回のコラボレートのきっかけを伺いました。

翁安芸さん

「コロナ渦の昨今。家で過ごす時間が多くなったいま。快適に過ごすことのできるスウェットウエアを一緒に作りませんか? とエンメさんからお誘いいただいたのがきっかけです。大人も着やすいキレイめなシルエットのスウェットをテーマに考えました。上質でエレガントなスウェットを作りたい、と企画をスタートさせました」

翁さんのイメージを伺いまず、弊社エンメが向かった先が和歌山の老舗ニッター
「カネマサ莫大小(株)」。
スウェット素材の常識を打ち破る“36G”というスーパーハイゲージ生地を紡ぎだす、高い技術とこだわりを誇る国内屈指の生地メーカーです。
※従来のスウェットは、12G〜18G

上質でエレガントなスウェットを完成させるべく、カネマサ莫大小特注のジャガードマシンで“36G”という高密度スウェットを編み立てることにより肉厚のスウェットにも関わらず、ストレスフリーな着用感の新感覚高密度スウェットが完成。従来のスウェット素材にはない、光沢感とハリ感を追求したことで、パンツに使用しても型崩れし辛い保形性と立体感を両立した高級感のあるアイテムが完成しました。

表は超長綿スーピマでコンパクト紡績という最も毛羽の少ない紡績方法で製造した60/-の細番手を使用し、中糸に伸縮性のある糸を使用することでキメ細やかな見た目と、もっちりとしたストレッチ感と、膨らみ感があります。裏も敢えて双糸にこだわったので、表も裏も抜群な肌触り。フライスも手を抜かず、別注で編み立てているので、一体感のある仕上がりに。
ストレッチ感となめらかな肌触りを楽しめる着心地の素材が実現しました。

上質な素材で品のある印象に

翁安芸さん

「キメ細やかなコットン素材から生まれる滑らかさや光沢感が、上質でエレガントな印象に。カジュアルにだけでなく、合わせ次第でコーディネートの幅が広がります。花柄やボリュームのあるスカートとも好相性。
スウェットがカジュアルすぎるという方には清潔感と華やかさのある白をまずお勧めします。
スウェットパンツは長時間履いていても膝が出にくく、洗っても型崩れしにくいのがポイントです。

1週間、毎日使えて着たくなるアイテムです

白のスウェット上下にパステル調のシャツを合わせたモードなスタイル

黒のスウェットを上品にコーディネート。異素材ミックスがお洒落のポイント。

優しく、大人の品が薫るキャメルでお仕事シーンに

翁安芸さん

「素材だけではなく、シルエットやデザインにも気を配りました。
ゆるっと感をキープしつつ程よいフィット感なので、着るだけでサマになるスウェットに。
パンツは、おなかがすっぽり隠れるハイウエストにしたことで脚が長く見えるようなスタイルアップ効果が期待できるデザイン。
上下セットアップで着用しても、部屋着としてだけでなく、買い物やお洒落なカフェへなど、デイリーに使えて着まわしやすいです。シャツやチュールスカート、キレイめなパンツなど、いつものスタイルの延長で自分らしいオシャレを是非楽しんでください。

当然ながらデザイン(意匠)にも、力を注いだ翁安芸さん。
そのこだわりぶりは、ちょっとしたディテールにまで及びました。

翁安芸さん

「アイテムに応じて、一点一点、デザインに違いをもたせました。例えば、バランスを考えフーディの袖は少し長く設計しました。一方、クルーネックは時計やアクセサリーが映えるよう9部袖に。裾リブもスリットを入れることでハイウエストのボトムスへのタックインがしやすく、長めのシャツと合わせればワンポイントにもなります。

そのほかにもスッキリ見えつつも着脱しやすいよう絶妙な首元の開き具合や、ショルダーラインを綺麗に魅せるピンタックを肩に施したデザインにしました。
カラーはブラックとホワイトの他に、優しい大人のブラウンベージュの色合いで、軽やかかつモダンな印象のキャメル(XSとSサイズのみ)の3色展開。
ユニセックス仕様なので男女問わず着ていただけます。

上品なのにリラックスできるカジュアルウェアブランド
「SYNE TOKYO」<シン トウキョウ> 

<<購入はコチラ>>

アイテムの詳細、着こなしはインスタグラムでもご紹介していますので
そちらもあわせて、ご確認いただけますと幸いです。
※@synetokyo_official