NEWS

2020/08/01 information
【別注アイテム】ラルコバレーノ/バーニーズ ニューヨーク別注シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に嬉しいフォトジェニックなパステルカラー

 

イタリアはナポリから船で約40分。漁業が盛んで地中海グルメが堪能できるのがプロチダ島です。外周16kmほどの小さな島ですが、なんせ女子旅にオススメな地域です。一番の見どころは、島の南東「コリチェッラ地区」。海岸沿い数キロに渡る家々がパステルカラーに彩られ、なんとも可愛らしいのです。高い建物があまりないので広がる空(スカイブルー)と、ピンクやイエローの外壁、そしてティレニア海の美しいエメラルドが視界いっぱいに広がります。7月に入ってから、ようやく条件付きではありますが入国規制が緩和されています。しかしまだまだ旅行で行くには厳しいし、条件も随時変わっている模様。一日も早く、この不安な日々が収束に向かうことを願いつつ、イタリア大使館HPから逐一情報が出ているのでチェックしたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートショルダーウォレット ¥35,000+tax

https://onlinestore.barneys.co.jp/supplier/supplier_02783/2131378.html?dwvar_2131378_color=3401&cgid=supplier_02783#sz=60&start=4

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介したいのはバーニーズ ニューヨーク別注シリーズ。前回オーダーでは「キャビア」と冠される黒で統一されたシックなアイテムシリーズでした。打って変わって今回は、ヌードピンクやレモンイエロー、ミントグリーンなどパステルカラーが愛らしい女性向けのシリーズとなっております。インラインではまだ新顔のスマートショルダーウォレットも、パステルカラーに彩られ可憐な印象。大人の女性向けアイテムとして、様々なコーディネートに合わせても華になってくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートミニウォレット ¥22,000+tax

https://onlinestore.barneys.co.jp/supplier/supplier_02783/2131377.html?dwvar_2131377_color=3480&cgid=supplier_02783#sz=60&start=2

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のスマートミニウォレットはキャッシュレス時代に対応したコンパクトな設計で、旅行にもオススメです。今回の別注シリーズは、淡いパステルカラーにピリリと辛目な色味を合わせたコントラストが気持ちの良い仕上がり。裏と表でバイカラーのスマートミニウォレットはそのコントラストを最も感じるかもしれません。ゴールドのジップが気品高く光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スナップタイプ二つ折りミニウォレット ¥25,000+tax

https://onlinestore.barneys.co.jp/supplier/supplier_02783/2131376.html?dwvar_2131376_color=3401&cgid=supplier_02783#sz=60&start=3

 

 

 

 

 

 

 

 

グレージュ×ホワイト×レモンイエローのカラーパターンのみ、トライカラー。二つ折りミニウォレットは、可憐な印象を損なわないように配色。お札を収納するスリーブは真ん中をあけている為、入っているお札にワンアクションでアクセスできます。スナップを外して開いた時に華やかな印象が顔を出し、また会計の所作はスマート。そんな大人のウォレットとして計算されたアイテムなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

三つ折りミニウォレット ¥26,000+tax

https://onlinestore.barneys.co.jp/supplier/supplier_02783/2131375.html?dwvar_2131375_color=3480&cgid=supplier_02783#sz=60&start=1

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひらにおさまってしまうサイズ感がとても好評の三つ折りウォレットは、札室内にカードを格納できるポケットがついており意外と大容量。コイン室を独立させて、小銭の会計もスピーディに対応できるよう設計されています。淡いカラーは手入れが面倒なイメージがありますが、アルラン社の上質なレザーはキズや汚れが着きづらく、また目立ちにくいのが魅力。だからこそ本作は、ラルコバレーノらしさが存分に表現されたシリーズと言えます。コントラストをつけた分、比較的どんなコーデにも合わせやすいのでプレゼントしても喜ばれそう!

その他商品も下記よりご覧頂けます↓

https://onlinestore.barneys.co.jp/supplier/supplier_02783/?sz=60  

2020/07/28 shopping
【NEWカラー】ラルコバレーノ/トライカラー・バイカラーシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

気持ちを新たにトライカラーをご提案

 

イタリアと聞いて思い浮かべる緑、白、赤のトリコローレ(3色)の国旗。実は旗にはナポレオンが多大なる影響を与えていることをご存知でしょうか? 1796年、かのナポレオン率いるフランス軍が、イタリアに遠征した際掲げた旗に由来しており、1848年の革命以降、イタリア統一運動の中で“自由と独立、平等”のシンボルとして使われてから定着しました。時に緑は国土を、白は正義を、そして赤は熱血を表すともいわれ(※諸説あり)、人々は色に想いや願いを乗せて世界に存在をアピールしました。

 

さて、同じように色に想いを乗せるラルコバレーノから、インラインに新色が加わったというニュースです。ブラック×オニーチェ×マーレ、トルトラ×オニーチェ×ヌードピンクというトライカラーが2パターン。加えてカフェラテ×マーレのバイカラー配色が1パターン。計3パターンがラインナップする、というわけ。ちなみに定番型にバイカラー以外の配色が加わるのは初めて。人気色ばかりなだけあって、これまでにないプレミアム感が堪能できるラインナップになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートカードウォレット ¥27,000+tax

http://www.emme.jp/la501gt

 

 

 

 

 

 

 

 

人気定番アイテムとなったスマートカードウォレットは、比較的パーツが多いのでトライカラーが良く似合います。これに合わせて、カードをたくさん入れても佇まいが崩れない薄造りなポイントをより感じられることでしょう。内と外で大胆に配色を分けることで、よりフェミニンな印象に、コーデを昇華させてくれそうな洒落感を孕みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

名刺入れ ¥17,000+tax

http://www.emme.jp/la351gt

 

 

 

 

 

 

 

ブラックとライトグレーのような色合いにパープルがかったブルーを掛け合わせた配色パターンはメンズにオススメ。だからこそ、このトライカラーだけはビジネスカードケース(名刺入れ)でも実現。パープルがかったブルーの柔和なイメージが、ほかのインパクトが強い色のくさびとなって、スタイリッシュな印象です。絶妙な配色パターンが、見た目の上品さや質の良さを引き立たせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートミニウォレット ¥22,000+tax

http://www.emme.jp/la354gt

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェラテにパープルがかったブルーとゴールドのファスナーが相性抜群で、持つだけでスタイリッシュな印象に。

 

 

 

 

 

 

 

 

三つ折りウォレット ¥26,000+tax

http://www.emme.jp/la390gt

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェラテ×マーレのテッパンバイカラー1パターン。

手に収まるコンパクトさを追求した三つ折り財布はトルトラ×オニーチェ×ヌードピンクという配色に。大きめのコイン室や、札入れに格納されたカード入れが的“ずっと持っていたい”衝動に駆られてくることでしょう。

同じ2配色で二つ折りタイプでも展開‼

スナップタイプ二つ折りミニウォレット ¥25,000+tax

http://www.emme.jp/la401gt

 

2020/07/20 information
【別注アイテム】ラルコバレーノ/デミルクス ビームス別注シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

いまや多くの人に愛されているランチの定番、パスタ。ご存知の方も多いかと思いますが、パスタの歴史は古代ローマに端を発します。つまりイタリアが起源とされており、乾燥パスタも12世紀のシチリア地方で大規模な製造もおこなわれていたのだとか。意外に知られていないのは「スパゲッティ」はパスタの一種。“細いひも”を意味する、太さ1.7mmほどの麺を指します。一回り細いものを「スパゲッティーニ」。さらに細い「カッペリーニ」は“髪の毛”を意味するcapelloが語源です。麺の細さで呼び名が決まり、調理法で用途が異なります。パスタの種類は600を越えていると言われており、それだけ様々な料理が創作されていると思うと、なかなかに奥の深い食べ物だと言えます。伝統的なパスタは小麦粉を使った黄色い麺と、全粒粉が使用されている茶色い麺が代表格。イタリア料理ではどちらかが提供されることが多いのは、ご存知の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いつも絶妙なカラーリングでトレンドを表現してきたデミルクス ビームスの季節です。落ち着いたトーンの赤みがかったイエローに「カフェラテ」の愛称がつけられたブラウンのバイカラー。ラインナップには、人気定番モデルのスマートミニウォレットをはじめ、実用性に富んだ三つ折りウォレット、お財布と一緒に色を併せるのが通好みなビジネスカードケース、そしてリッチな印象を演出してくれるドレスラウンドジップウォレットの計4種。いずれも持つ人をワンランク上に格上げしてくれそうな、落ち着きと品の良さが際立つアイテムになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレスラウンドジップウォレット ¥45,000+Tax

https://www.beams.co.jp/item/demiluxebeams/wallet/64640268914/?color=55

 

 

 

 

 

 

 

 

長財布は、女性が使うことも想定したスマートな作り。ほとんど毎日使うアイテムであり、4種のラインナップのうち最も革の面積が広いので、質の良さを実感できることでしょう。内外で色相が変わっているので、ジップを開ければディープトーンによるバイカラーのコントラストも洒落感に。定番のラウンドジップと比べてファスナーを細くして中身を入れてもシュッとした佇まいが崩れません。90度開くことが可能で、一見してどこに何があるのか分かるのでお会計時にもたつくことのないスマートな所作を演出してくれる実用性を兼ねています。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートミニウォレット ¥22,000+Tax

https://www.beams.co.jp/item/demiluxebeams/wallet/64640269914/

 

 

 

 

 

 

 

 

ラルコバレーノの代表作となった人気モデル、スマートミニウォレットもデミルクスなカラーに。“仕事もプライベートも充実した女性に向けて、上質でベーシックなアイテムを大切にしながら、モダンなスタイルを提案する”というデミルクス ビームスのコンセプトを体現するような、革の上質感、無駄を一切省いた機能美、革新性が実感できるウォレットです。絶妙な配色バランスで、ゴールドのジップとの相性も◎。入れるカードを厳選する必要があるため、おのずとお財布の整理ができるのもポイント。「キャッシュレス化」「ミニマル」が市民権を得てきた昨今に、まさに持ってこい!です。

 

 

 

 

 

 

 

 

名刺入れ ¥17,000+Tax

https://www.beams.co.jp/item/demiluxebeams/wallet/64640270914/

 

 

 

 

 

 

 

 

お財布と共に色を併せて持ちたいアイテムとしてオススメしたいのが名刺入れ。“オールレザー、ハンドメイド”を意味する「TUTTO IN PELLE,FATTO A MANO」の刻印がゴールドでレザーの色味に絶妙にマッチ。これまた大人の雰囲気を醸し“素敵”な印象です。汚れやすいビジネス系の小物ですが、高級老舗タンナーのアルラン社(仏)の上質なレザーはキズ、・汚れが着きづらいので長くご愛用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

三つ折りウォレット ¥26,000+Tax

https://www.beams.co.jp/item/demiluxebeams/wallet/64640271914/?color=55

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では“金運を上げる”イメージがあるイエローの財布。実はイタリアでも、お財布にまつわる「縁起が良い」とされる慣習があります。よく言われるのは“財布には常にお金を入れておきなさい”というもの。お札でも小銭でも、空にすると運気が逃げていくと考えられているのだとか。同じように、他人に財布をプレゼントする際はコインを入れておく風習があるそうです(諸説あり)。片手にすっぽり収まるサイズ感が好評な三つ折りウォレットは、札室内にカードを格納できるポケットがある小ぶりな設計。ただ、大胆にもコイン室を外にあるので意外と多くのコインが収納可能です。

2020/07/16 shopping
【新ブランド】STAIRS by emme(ステアーズ バイ エンメ)ファーストコレクション

 

 

 

 

 

 

 

抜群の収納力&実用性を備えたスライド機構に高級感をプラス

ラルコバレーノやマイニーニを有するエンメに、新たなブランドが仲間入り致します。その名も「STAIRS by emme」機能美と装飾美を兼ね備えたプロダクトをコンセプトに、持つ人を格上げ・高見えするデザインと使いやすさを追求したアイテムを送り出していきます。1963年創業の縫製工場がルーツとなったファクトリーブランド「stairs design products」のアイテムを弊社がアップデート。ブランドアイデンティティとなっているスライドパーツはそのままに、素材やデザインにこだわり装いを新たにしたリブランディング規格なのです。

 

 

 

 

 

 

 

仕様素材は66ナイロンと呼ばれる、耐久性に富んだ上質なナイロンツイル。高密度で編まれており、落ち着いた光沢感がなんとも言えない高級感を醸します。ファーストコレクションとして発表するのがブリーフケースL、M、サコッシュの3アイテム。いずれも、階段状にスライドする収納パーツが格納されており、パスポートや紙幣、カード類など重ねるとかさばってしまう手荷物がコンパクトに収まる造り。スマートフォンやキーリング、ペンポケット、ICカードスロットなど、外出時に必要なものを網羅。現代チックな働き方を見据えたプロダクトで、オフィス(1カ所)だけにとどまらず、リモートワークやジェットセッターなど多様なユーザーニーズに応えられるよう計算されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラッチブリーフ L ¥23,000+tax

http://www.emme.jp/l-1124

サイズはW36×H27.5×D5(cm)

 

独自開発のスライドパーツは、単に収納力だけを目的に造られた機構ではありません。階段のような形状と、スロットの重なる面積が絶妙で、どこに何が入っているか?という視認性と、タフに動いても中身がバラバラにならないホールド性をしっかりと補完しているのです。一目で、お目当ての荷物にアクセスできる為、例えば空港の出入国時に慌てて手荷物をひっくり返してパスポートを探す…なんてことともおさらばできる、というわけ。ブリーフケースは大小二つのタイプがあり、クラッチとしても使用できるようにハンドルを2種類付属。よりスマートに使い分けができる、嬉しい設計です。ジップを開けると、低反発のポリウレタンPCケースとガジェット用に3つのポケット。また外側にスマホ用のポケットとペンスリットが内蔵。「よく使うモノを外側に+精密機械を衝撃から守りたい」という、ビジネスシーンの“あるある”を叶えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラッチブリーフ M ¥20,000+tax

http://www.emme.jp/m

サイズはW32×H22×D5(cm)

 

すこし小ぶりなMサイズは、タブレット端末派の御仁にオススメです(PCであれば11インチまでは入る設計)。何かとコンパクトになってきたガジェット類を一つにまとめて、バッグインバッグとしても使えそうな“ちょうど良い”サイズ感。収納できるのは、デイリーユースなアイテムばかりなので、こうしてコンパクトにまとめられたら急な外出時も「別のバッグに移し替えるだけ」なシチュエーションは便利で需要が高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチファンクションサコッシュ ¥12,000+tax

http://www.emme.jp/st003sk

サイズはW25×H12×D2.5(cm)

 

サコッシュタイプのこちらのバッグは、ミニマルなライフスタイルの方にもオススメ。スマホポケットにキーリング、スライド収納が付帯した無駄を排したデザインです。レザーで設えた6枚分のカードケースは着脱可能で出し入れも楽チン。外側にはICカードスロットとジップ式コインケースが。お財布代わりにもなる、本当に優秀な“ギア”なのです。

 

 

 

 

 

 

 

実用的でオシャレ、逸品の予感がするこのファーストコレクションは、ブラックとネイビーの単色に、ファッション性の高いトリコロール3種を採用。スーツのようなクラシックスタイルから、近年増えてきたカジュアルシーンにも合わせやすい、落ち着いたオトナなトーンをご用意しました。

気温が高まっていくこれからの季節、軽量だけど丈夫な素材の通勤カバンをご所望な方には勿論イチオシです。また、一方で先の世情でライフスタイルやワークスタイルが大きく変わった方も少なくないはず。という方にも新しいスタイルにピッタリの頼もしい相棒として是非オススメです。

 

2020/07/14 information
【明日7/15(水)18時~再販受付開始!!】ラルコバレーノ/星玲奈さん別注アイテム

たくさんの再販リクエストありがとうございました‼

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回販売するとすぐに完売してしまう、人気インスタグラマー星玲奈さんの別注シリーズ。グレー×ホワイトの洗練されたバイカラーは、いつまでも飽きることがない魅力を解き放ちます。そんな完売必至の別注シリーズのお財布4型(ドレスラウンドジップウォレット、スマートミニウォレット、スナップタイプ二つ折りミニウォレット、三つ折りミニウォレット)、そして、スマートキーキーケースの再販が決定致しました。

 

5アイテム全て明日7/15(水)18:00~エンメオンラインショップにて販売受付開始となります。

直営店の清澄白河店と伊勢丹新宿店本館1階でも7/16(木)より展開致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

■三つ折りミニウォレット ¥26,000+TAX

http://www.emme.jp/la390gtho

 

■スマートキーケース ¥11,000+TAX

http://www.emme.jp/la111gtho

 

 

 

 

 

 

 

 

■ドレスラウンドジップウォレット ¥45,000+TAX

http://www.emme.jp/la409gt1713

 

■スマートミニウォレット ¥22,000+TAX

http://www.emme.jp/la354gt-1152

 

■スナップタイプ二つ折りミニウォレット ¥25,000+TAX

http://www.emme.jp/la401gt-770

 

 

エンメオンラインショップにて明日7/15 (水)18:00より再販受付開始

※ご購入は商品ページより、ご購入のお手続きをお願いいたします。

商品は、7/16(木)~順次発送とさせていただきます

 

 ※数量には限りがございます。予めご了承ください。 

 ※店頭販売は、直営店の清澄白河店及び伊勢丹新宿店本館1階財布売場にて7/16(木)~展開となります。  

 

是非この機会にお買い求めいただけましたら幸いです‼

2020/07/11 shopping
新商品‼【WEB・清澄白河店限定】出 製陶×ラルコバレーノ/コーヒーカップ&ソーサー

 

 

 

 

 

 

 

備前焼の窯元とコラボレーションしたカップ&ソーサーが誕生

 

今春、ロースタリーカフェが多いことで知られる東京・清澄白河に待望の直営店をオープンさせたラルコバレーノ。全アイテム・全色がそろっている初のショップということで、早くも話題になっていますが、さらにお知らせがあります。清澄白河がコーヒーの町であることにちなんで、備前焼の窯元とコラボレーションしたコーヒーカップ&ソーサーが発売されるのです。備前焼とは岡山県備前市周辺でつくられている陶器のことで、日本六古窯のひとつに数えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「出 製陶」へカラー別注した生成(左)と黒(右)。マグカップ各3,500円+TAX、ソーサー各2,500円+TAX

http://www.emme.jp/larcobaleno-1152

http://www.emme.jp/larcobaleno-1153

 

今回ラルコバレーノが独自のカラーでオーダーしたのは、「出 製陶」(いずるせいとう)。国指定重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝として活躍された陶芸家の山本陶秀氏を祖父に、岡山県重要無形文化財保持者の山本出氏を父に持つ、山本周作氏・領作氏の兄弟によって2014年に誕生した新しい窯元です。一般的に備前焼は茶褐色の陶土を使い、釉薬を一切使わず、絵付けもしないで焼かれるのですが、「出 製陶」では備前の土と顔料を練り合わせてつくり出した色土を使用。一部に釉薬も使い、備前焼の魅力をキープしつつ現代的な器をつくっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

備前焼の趣を残しながら、そのイメージを一新させるデザインが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

 

底面には窯元の名前と共にラルコバレーノのロゴが入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーサーは大きめなので、パンやスイーツを乗せるといった使い方も可能。

 

そんな備前焼とラルコバレーノがなぜコラボレーションを? と思われるかもしれませんが、備前焼はヒヨセと呼ばれる良質な陶土の特徴を活かし、素朴でありながら土そのものの魅力を楽しむのが特徴。さらに高温で時間をかけて焼くため強度があり、機能性にも優れています。そして、「出 製陶」では豊富なカラーバリエーションを展開し、無駄のない洗練されたデザインに仕上げられています。一方、フランス・アルラン社のゴートレザーによる発色の美しいバイカラーを得意とし、職人の手仕事を重視しているラルコバレーノ。洗練された趣と機能性の両立をはじめ、両者の共通点は多く、それが今回のコラボレーションに繋がったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは黄金(左)、薄紅(中)、浅葱(右)と名付けられたパステル調の既存のカラー。

http://www.emme.jp/bz003

http://www.emme.jp/bz013

 

 

 

 

 

 

 

 

備前焼の特徴でもある緋襷(ひだすき)を再現。モダンな造形との組み合わせが新鮮。

「出 製陶」のマグカップ&ソーサーは、備前焼の窯元がつくったとは思えないほどモダンなデザインが魅力。部分的にシャープな直線を用い、備前焼ならではのマットな質感によって和と洋が巧みなバランスで融合し、さまざまなテーブルコーディネートに対応できるようになっています。もちろん、備前焼らしさにもこだわり、緋襷(ひだすき)や胡麻(ごま)といった備前焼の特徴を彷彿とさせる仕上げを取り入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

清澄白河がコーヒーの町であることにちなんで別注。既存カラーを含めて全7色を販売。

 

今回ラルコバレーノが別注したのはブラック・グレー系とブラウン・ベージュ系の2色。グラデーションによって色に変化が現れ、部分的に釉薬を使って艶を出すことで味わい深い表情を楽しませてくれます。さらに備前焼独特の模様やテクスチュア感によって温かみが生まれるなど、ラルコバレーノ同様のクラフツマンシップを感じることができます。別注カラーの2色に加えて、既存の5色を加えた計7色を、ラルコバレーノのオンラインショップとラルコバレーノ清澄白河店のみで限定販売。自宅で過ごされる時間がまだまだ多いこれからのシーズン。丁寧に淹れたコーヒーをさらに美味しく楽しむために、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

2020/06/28 information
【別注アイテム】ラルコバレーノ/エストネーション別注シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

イタリア・ローマにあるヴァチカン市国は国全土で世界遺産に登録されている、歴史的にも宗教的にも稀有な景色が並んでいます。そして時に『芸術的にも重要』なピースとしても知られ、ヴァチカン宮殿には24つの美術館があり見学可能な部屋だけで1400もあるというから驚きです。中でもオススメなのが彫刻作品です。イタリアは石膏像の発祥地との呼び声が高く、例えば有名なフレスコ画や壁画を見たら、同じミケランジェロが彫った石膏像もチェックしたいところです…。

 

さて、“大人がオンやオフで本当に着たい服を、楽しみながらショッピングできる”をコンセプトに、男女に向け高品質なアイテムを提案する「オトナのためのストア」エストネーション。ラルコバレーノ別注アイテムのご紹介です。

特徴は何といってもコンセプトに紐づいたそのカラー。シック&ソフィスティケートなアイテム群を得意とするエストネーションらしい、コンセプチュアルなシリーズ全4種になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートミニウォレット ¥22,000+tax

https://www.estnation.co.jp/shop/items/goods.html?gid=52715307

 

 

 

 

 

 

 

 

特に目を引くのは、ネイビーと合わせた“石膏”の意味を持つGESSO(ジェッソ)が冠された淡いグレーと、インラインでもおなじみとなったPERGAMENA(羊皮紙)です。いずれも落ち着いたトーンにのせており、トーンのギャップがクールな印象です。まずは人気定番アイテムのスマートミニウォレットをご紹介。絶妙なカラーバランスにセンスが光る、そんなイメージに仕立てました。カードを格納してもそのスタイリッシュな印象は崩れないので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スナップタイプ二つ折りミニウォレット

https://www.estnation.co.jp/shop/items/goods.html?gid=52715308

 

 

 

 

 

 

 

続いてのオススメが、こちらも定番インラインよりスナップタイプの二つ折り財布。大きすぎず、品の良さを損なわない、サイズ感が最大の魅力です。スナップボタンを内側両端に配置することで、中身を入れても佇まいの上品なイメージは全く損なわれない“大人っぽい”二つ折り、というワケ。こちらもインラインとは違ったカラーバランスで、高級感溢れる商品になりました。またお札を収納するスリーブを真ん中明けにすることで、一目でお金に着手できるように計算されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

シューホーン ¥6,400+Tax

https://www.estnation.co.jp/shop/items/goods.html?gid=52715309

 

 

 

 

 

 

 

 

オンオフ関係なく活躍しそうなのがシューホーンです。これだけのレザー量にも関わらず、きちんと主張してくれるのは、フランスの老高級タンナー「アルラン社」の上質なレザーだからこそ。ちなみに、シューホーンだけは鮮やかな赤×青という、組み合わせもご用意。他のアイテムと併せて持てば、きっとラッキーなアクセントになってくれるでしょう。また、Dフックや3連リングなど全ての金具部品をシルバーで統一することで、よりスタイリッシュな印象に。ビジネスシーンはもちろん、メンズのお客様にも、プレゼントにも“いいね!”なアイテムシリーズに仕上げました。

2020/06/18 information
【別注アイテム】ラルコバレーノ/翁安芸さん別注アイテム

 

 

 

 

 

 

 

 

日常にときめきをくれる「大人可愛い」ピンク

 

「大人可愛い」をキーワードにご自身のスタイルを発信して、ソーシャライツとして大活躍中の翁安芸(おうあき)さん。女性ファッション雑誌やオンラインで連載を持ち、インスタグラムのフォロワーは8.5万人をこえるなど、ファッションアイコンとして大活躍・大注目な彼女。そんな翁さんとのコラボレーションが実現致しました。気になるその内容は、人気定番アイテムとなったスマートカードウォレットとスマートキーケースの2型。甘いだけではい、日常にちょっとしたときめきをもたらしてくれる使って楽しい幸せなカラーと使いやすさがテーマ。バッグから取り出すたびに気分を上げてくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢なんて関係なく“やっぱり好き”と思えるピンク。そんな心をとらえる魅力的な色に注目したのが今回の別注アイテムです。コントラストが美しく映えるバイカラーを得意としていたラルコバレーノですが、今回は「ピオニーピンク」と名付けられた凛とした強さと甘さが同居するアイシーな新色が完成しました。ピオニーとは『芍薬』の意。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートキーケース ¥11,000+tax

http://www.emme.jp/la111gtou-1109

 

SNSや連載コラムではママの一面も見せる翁さん。そんな彼女のオーダーだからこそ、使いやすさも魅力です。例えば、スマートキーケースにご注目。通常1本しかなかったキーチェーンを2本に増量。そのうち1本はフック式にすることで、例えば家の鍵や駐車場、ガレージの鍵など、スマートキーと同時に収納でき、使用頻度の高い鍵をセパレートできます。3連リングを排し、シンプルで可憐な佇まいに。

 

 

 

 

 

 

 

 

インラインのスマートキーケースより鍵一本分厚めの設計。キーと2本収納が可能に。

 

インラインのキーケースよりもマチを長くして、全体に厚みを持たせました。ぷっくりと愛らしさを持ちつつ、比較的大ぶりな鍵でも2本同時に入れられるというから驚きです。よく取り外す鍵のために、気軽に外せるよう2本あるチェーンのうち1本はフック式というこだわりよう。一見、大胆なモデファイには見えないけれど、使ってみるといかに便利かすぐに痛感するでしょう。通常のピンクより青味がかったピオニーピンクと相性のいいゴールドの金具に統一することで華やかさがプラスされました。見た目も使用感も計算されたアイテムなので、デイリーに使っていただきたいアイテムになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

人気定番アイテムもピオニーピンクで翁さん流「大人可愛い」印象に

 

紙幣を折らずに収納できるスマートカードウォレットは、表側にカードスロットとコインパースが付いているので、出し入れする頻度によって中身と使い分けができる優れもの。薄造りで軽量、さらにフランス・アルラン社製のゴートレザーを使用しているので傷つきにくいので長くご愛用いただけます。毎日使うモノだからこそバッグから取り出すたびに気分が上がる、そんな思いを込めて作成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートカードウォレット ¥27,000+tax

http://www.emme.jp/la501gtou

 

表側のカード用ポケットには、出し入れの多い交通系ICカードを入れると便利です。

 

夏を感じ始めてきたこの季節にピッタリなニューカラー「ピオニーピンク」。過去に発売されたインフルエンサー別注アイテムはどれもすぐに売り切れてしまう人気ぶり。今回も即完売が予想されるので、是非お早めにチェックしてください!

 

■6/21(日)11:00より、エンメ オンラインショップにて販売受付開始。

 

6/24(水)より直営店清澄白河店及び伊勢丹新宿店本館1階で展開となりますのでこちらも是非お立ち寄りください。

2020/06/18 information
「コンパクトキーウォレット」 MINT GREEN*CHARCOAL GRAY 仕様違いに関するお詫びのお知らせ

 平素は、弊社商品のご愛用賜り厚く御礼申し上げます。

この度、6/16(火)18時~販売致しました【金子麻貴さん別注】コンパクトキーウォレットMINT GREEN*CHARCOAL GRAYにおきまして4連のフック式キー金具画像が掲載されていたことが判明致しました。正しくは、色違い展開のBEIGE*NUDE PINKと同様の3連のフック式キー金具となります。当該商品をお買い求め頂きましたお客様には大変ご迷惑をおかけしました事を心よりお詫び申し上げます。6/18(木)16時より商品ページ画像から誤った画像については削除させて頂いております。今後は再発防止に向けより一層の商品管理を徹底し、品質と性能の向上に努めて参りますので、何卒ご理解を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

尚、既にお手元に商品が到着しているお客様で返品をご希望されるお客様に関しましてはお手数お掛け致しますが、下記宛てにご連絡をお願い致します。

 

M co.,ltd エンメ株式会社

Tel:03-6427-2261

Mail:info@emme.jp

2020/06/18 information
【別注アイテム】ラルコバレーノ/シジェーム ギンザ別注アイテム

 

 

 

 

 

 

 

上品に儚げな“オトナの魅力”を醸す

 

イタリア人にとってなくてはならない文化の一つに「ドルチェ」があります。最も愛されているコーヒー「エスプレッソ」の苦さを思えば、イタリア人のスイーツ好きも合点がいくのではないでしょうか。有名どころではティラミスやジェラート、パンナコッタがありますが、まだまだ日本では馴染みのない甘味は数多あります。コーヒーに浸して食べるとおいしい「カントゥッチ」や、“少しだけビター”という意味の大人向けお菓子である「アマレッティ」…。生菓子がフォーカスされやすいドルチェですが、意外に焼き菓子もオススメが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

スマートミニウォレット ¥22,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する、「シジェーム ギンザ別注」は、“新しい発見に満ちた、これからの銀座を象徴するストア”をコンセプトにする同店らしいプロダクト。なぜなら、インラインにないカラーが2種類採用されているからです。そのうち一つがTORTORAと名付けられた、明るいグレージュ。もう一つはLILLA(伊語:ライラック)という明るいパープル。少し儚げな、オトナの魅力を醸す色味に仕上がっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

名刺入れ ¥17,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスの老舗タンナー・アルラン社製のゴートスキンは、発色の良さは勿論、佇まいにラグジュアリーな高級感を宿すのが魅力。だからこそ、ビジネスシーンにもうってつけです。お堅い雰囲気になりがちなカードケースも、フェミニンな印象に。使用頻度が高いアイテムなので、軽くて、傷つきにくい良質なレザーを使った逸品にしたい!という方にお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートキーケース ¥11,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のラインナップで興味深いのは、アイテムによってバイカラーが2種類あるという点。需要の高まってきたクルマのスマートキーを格納するために作られたキーケースは、ライトベージュ×イエローの組み合わせ。しかも外と内で色分けしたことで、使用するときに新鮮な色味が覗く可愛らしいギミック。

 

 

 

 

 

 

 

 

三つ折りミニウォレット ¥27,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトベージュ×イエローの組み合わせ2つ目は、こちらも人気定番アイテムとなった三つ折りミニウォレット。淡い色味のバイカラーで子供っぽくならないのはゴールドの金具が効いている証拠。手のひらに収まるサイズ感と相まって、使用していない時でも凛とした佇まいをキープします。

 

シジェーム ギンザの店名は、フランス語で「第6の」を意味します。それは、“銀座6丁目”を指す6であり、“第六感を刺激する”という意味も付帯しています。大人の気品を持ちつつ、いつまでも素直な気持ちを忘れない遊び心を合わせ、様々なコーディネートに合わせられそうなアイテムになりました。直感的に“いいね!”と感じたら、是非ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

本日6/18(木)~7/1(水)の期間中は、別注品の他にも財布やカードケースを中心としたPOP UP EVENTをシジェーム ギンザにて開催致します。

是非お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けましたら幸いです。